漢方薬は保険が適用になるのか

実は漢方薬には保険が適用される場合とされない場合があります。薬なども同じことが言えますが、保険適用される為には医師の処方箋が必要です。同じ薬であっても処方箋さえあれば基本として3割負担で購入する事が出来るので全額自腹で払うのとでは全然金額が違ってきます。
漢方薬を保険で購入する為にはまず漢方薬を処方する病院で診察してもらう必要があると言えます。最近は更年期障害、不妊治療などで体への負担が少ない漢方薬を使った治療を行なっている病院も増えてきているのでネットや口コミ等で探せば見つけることが出来ます。他にも自分が通える範囲内の病院を探してサイトをチェックするといった方法もあります。
漢方処方医に診断してもらう最大のメリットは保険が適用されるということですが、その他にも自分の症状にあった漢方を処方してもらえます。病院処方でない場合は症状から自分で選ぶ、もしくは薬局で相談するということになりますが、問診や触診で診断した上で判断した方がより確実です。さらに漢方薬は薬と比較し効果が出るまでに時間がかかるので不調や不具合が改善されない場合は他の漢方に変えるかどうか判断が難しいと言えます。病院処方医に見てもらっている場合はいろいろ相談することが出来て安心と言えます。